頭皮の乾燥を引き起こしやすい地肌環境とは

頭皮の乾燥を引き起こしやすい地肌環境とは

頭皮の乾燥を引き起こしやすい地肌環境とは

人間の頭皮は同じだと思っているかもしれませんが、人によって地肌環境などは違います。
きちんとケアしていけば何の問題もない地肌を維持することができるのですが、
場合によっては乾燥状態になってしまうこともあるので注意が必要です。

 

例えば頭皮のターンオーバーが早まってしまうと乾燥しやすくなってしまいます。
頭皮も他の肌と同じように一定のサイクルで皮膚が剥がれ落ち新しいものになっていきます。
ですが、マラセチア菌という頭皮にいる常在菌が異常繁殖をしてしまうと
脂肪酸と言う物質が作られるようになります。
この脂肪酸によって刺激を受けるとうるおいが失われてしまうだけではなく、
ターンオーバーが早まり、まだ剥がれなくていい時期にどんどん剥がれ落ちていってしまいます。
こういった状態になるとさらに頭皮は乾燥してしまうので、
早め早めの対策が必要になってきます。

 

マラセチア菌の異常繁殖が原因で地肌が乾燥状態になる場合は
頭皮がピリピリしたりかゆみが出てくるようになります。
またフケなどが出てくることもあるので日頃からよく頭皮の状態を確認したり
フケなどはないかなどの症状もチェックしておくようにしてください。

 

皮脂が少なすぎることでも乾燥したりしますし、
季節によっても乾燥しやすい時期というものがあります。
なので、油断したりせずに毎日できるだけの乾燥対策を行っていくようにしてみてください。
乾燥が改善できればフケやかゆみといった症状も出なくなりますし、
乾燥を気にする必要もなくなるのでやっておいて損はありません。

ホーム RSS購読 サイトマップ